未分類

【仕入れ日記】今年もこの季節!

日本人にとって欠かせない春の風物詩のひとつといえば「桜」ではないでしょうか?

毎年この時期になると「桜」にちなんだ魚がたくさん出てきます。最近では「桜ぶり」などという魚も見かけますが、昔から有名なのは、やはり「桜鯛」

鯛は桜の時期に産卵を迎えるものが多く、この名がつけられたと考えられます。「桜」とつくだけで、日本人の心を揺さぶり、旬の魚という イメージを非常に強調することができます。

しかし!実際桜の咲くころは、子が成熟しきったものも多く、そうなると必然的に身自体は衰えます。
春の鯛がおいしいのは子が成熟する前、身にたっぷりと栄養を蓄えたころの物!

今日おすすめする「淡路 天然鯛」
子はまだ小さく身はしっかりと肥えている。まさに今が「食べ時」!
数多く入荷したものから厳選した美味しい天然鯛をぜひお召し上がりください!

コメントを残す

*