未分類

【仕入れ日記】 産地による味の違い

魚のメニューには「産地」を明記してあることが多いです。
しかしよほど有名な産地、例えば「氷見」の天然ぶりとかでもない限り、一般なお客様にとってはあまり興味のないことなのかもしれません。まあ「国産」だとわかるだけでも安心感はあります。

僕も魚を選ぶときは「産地」も見ますが、どちらかというと「魚そのもの」の様子を重視しています。
「よく肥えていて、皮肌の色艶もいい」そんな魚を中心に選ぶのですが。。。。

それが一筋縄ではいかないのが魚の面白いところ!
それを思い知らされたのが今日おすすめする「ほうぼう」なのです。

関西よりも関東での人気の高い「ホウボウ」ですが、本当に美味しい白身魚なんです。しっかりとした味わいに旬の頃には脂のりもよく、下手な養殖とらふぐなんかよりずっと美味しい。その上歩留まりの悪さも手伝って、こちらの市場ではあまり高くならないので、好んで買っています。

ある日の事、それは立派な活けのホウボウが入荷してきました。魚体の肥え方と言い、真っ赤にに美しい皮肌といい「最高に美味しそう!」と思えるもの。 (産地は伏せておきます)
ところがいざ食べてみると。。。味がない。。。どころかどこか石油のような香り。。。まずい。。

それから何年か、年に一度は買って食べてみるのですが、結果は毎回一緒。もう最近では試すことすらしなくなりました。

このような形で産地が重要になることもあるので、魚を買う側としては常に産地は意識する必要があります。お客様にお出しするものは厳選してありますので、食べるときはよほど興味をお持ちでない限り特に気にする必要なありませんよ!

今日のおすすめは「千葉銚子 ほうぼう屋の活け〆ほうぼう」
ほうぼうの本場千葉の中でも特にほうぼうを得意とする魚屋さんの逸品!
極上ほうぼうの味をぜひお楽しみください!

コメントを残す

*