未分類

【仕入れ日記】 同じ産地でもひと味違う鰹

つい最近まで市場を賑わせていた
高知・三重・和歌山・千葉などのカツオはその数を減らし、
代わりに徐々に多くなってきたのが「気仙沼」などの鰹。

群れ自体が違う鰹ということで、鰹自体の身質が違います。
しかしそれ以上に差を感じるのが「鮮度」

特に高知や和歌山のカツオは日戻りケンケン漁で鮮度も身質もいいものが多かった!

その点宮城など東北の魚は、通常なら出荷してからこちらに到着するのに+1日。
数年前から何らかの事情で一日遅らさざるを得ない状況。
また大型の巻き網が多いので水揚げされた時点で「二番手」「三番手」と日数が立ったものが存在します。

よって通常流通の気仙沼のカツオは、「鮮度」の時点で買う対象から外れてしまうものが多いのが実情。
魚体うんぬんよりまずは鮮度を見極める必要があるのです。

そんな中、今日買った「気仙沼 大森水産の極み鰹」

nor

nor

nor

nor

その日水揚げされた中でも特に鮮度の良い「一番手」のカツオの中から、脂のりと身質のいいものを厳選。それを最速の便で直送してもらったもの。
通常の流通とは「魚」も「鮮度」もひと味違う!

飛びぬけて値段が高いのが玉に瑕ですが。。。美味しいカツオをぜひお召し上がりください!

コメントを残す

*