【仕入れ日記】少しの違いが大きな違い

未分類
nor

魚を買うとき、食べるとき、産地を気にする方は多いと思います。
国産という安心感、というだけではなく、産地によって同じ魚でも味わいに差があるので当然と言えば当然。
目鯛のように日本海と太平洋では、全く魚の質が変わってくるものもいます。

今日買った「淡路 活け穴子」も全国各地で水揚げのある物ですが、ほんの少し獲る場所が変わるだけで 、大きく味が変わる魚です。

「大きいものの方が旨い!」という方も多いですが、重要なのは獲れた場所。とはいえ、同じ都道府県でも北と南ではかなり離れていることなどもありますから、実際には「魚そのもの」を見て判断します。

今日の穴子は「淡路産」。同じ瀬戸内海でも場所によっては脂のない、身の旨味もやや薄いものも存在します。
その点今日の穴子はひと味違う!まずは見た目からして違います。水っぽさがないというか濃いというか。。。
300g前後とやや小さめの魚体にもかかわらず、しっかりとした脂のりと、ほとばしる旨味の濃厚さ!
「穴子の造りはどうも。。。」という方も、これを食べれば納得いただけます!
もちろんお値打ち価格で!

本日の仕入れ
・淡路天然鯛
・徳島ツバス
・和歌山足赤海老
・徳島あおりいか
・福井甘鯛
・淡路太刀魚
・長崎イサキ
・雲仙殻付き牡蠣
・北海道たら白子 などなど!